ブロイラーと地鶏の違いとは何なのでしょうか。

低カロリーで高タンパク質しかも必須アミノ酸を含む食品として鳥肉は最適です。

 

その中でもブロイラーという品種が数多く食卓に並ぶようになりました。

 

しかしブロイラーの淡白さに不満を抱く人も多く、地鶏に対する愛着を示す人も少なくあり

ません。ブロイラーと地鶏の違いは育て方と生産に関する考え方にあり、肉質に大きな

影響を与えているようです。ブロイラーは味というより生産スピードが重視されている品種

です。品質も在来種の特徴が50%未満となっています。ゲージの中で狭く自由のない

中で育てられ、およそ50日で出荷されるよう飼育されます。地鶏は逆に味が重視され

ています。

 

 

在来種50%以上の鶏が、餌や環境にも配慮が行き届いた場所で育てられ、80日以上の日数をかけて自然に近い状態で飼育されます。飼育方法の違いによりブロイラーは淡白、地鶏は歯ごたえと旨味がある肉へとなるようです。つまり質より量がブロイラー、量よりも質で勝負したいのが地鶏といえるでしょう。安くコストパフォーマンスを求めるならブロイラー、リッチに味わいたいなら地鶏をオススメします。